「イカゲーム」の教訓: 広告戦略の多様化によって生き残り、成功を勝ち取る

投稿者

Netflix で視聴数トップを獲得した番組から、広告業界は何を学べるでしょうか。

「イカゲーム」と同じく、広告では熾烈な競争が繰り広げられています。そこで成功するには、狡猾さ、知識、スキルが必要です。勝者と敗者を分けるものは、主要な戦略としての多様化です。

広告というゲームのルールは大きく変化を遂げています。唯一の戦略が、ごく少数の同じ「強い」プレーヤーに依存した画一的なアプローチである場合、成功は望めません。さまざまなチャネルおよびマインドセットにわたって顧客をリーチする多様化が必要です。

この記事では、「イカゲーム」のプレーヤーが直面する課題と現在の広告主およびパートナーが直面する課題を比較して、類似点を示します。強力で多様性のある広告戦略とはどのようなものであり、その戦略が「勝利」(広告の世界では、キャンペーンで成功を収めることに相当します)にとっていかに重要であるかを考察します。

綱引きの教訓

特に印象的なシーンを一つ見てみましょう。第 3 ゲーム「綱引き」は、多様化の重要性を非常に巧みに表現しています。この綱引きのシーンを見たとき、ブランド・マーケターである我々がブランドの勝利のためにできることと類似する点があることに気が付きました。

出典

以下に要点を示します。

  • さまざまなプレーヤーから成る寄せ集めのチームは定石を失ったかに思われましたが、実際には優れたチームワークを発揮し、非常に俊敏であり、よく組織されていました。
  • その戦略を語るのは、弱点と思われた 1 人の老人でした。しかし、この老人こそが、思いもよらず勝利の戦略を提案するリーダーとなります。
  • チームには、後方で「アンカー」として働くプレーヤーが必要でした。広告においてアンカーとなるのは、主要な戦略とノース・スターです。
  • 主要プレーヤーのそれぞれが、効率的に活用されるべき独自の「リソース」を提供しました。それぞれが自分に与えられた特別な役割を果たすことで、チームの最終目標の達成に貢献しました。
  • 対戦するチームを構成するのは、10 名の屈強な男たちでした。このような男たちなら、腕ずくで勝利するだろうと思いましたが、彼らには戦略がなかったのです。多様化されたチームの敵ではありませんでした。

変化を遂げた広告業界の現状

広告の世界も「イカゲーム」の生死を賭けたゲームと同様に、競争が激しく、情け容赦のないものに思えるかもしれません。以下の 3 つの主要なことが変化しています。

1. 消費者の関心が分裂している

2. クッキーのない未来が到来する

3. 支出の効率化と ROI の獲得がかつてないほど困難になっている

1. 消費者の関心が分裂している

近年、「アテンション・エコノミー」に関する話題が増えています。実際に、現在最も不足しているリソースが、消費者の関心です。平均して、消費者が 1 日に目にするブランドの数は 10,000 を超えます。

2. クッキーのない未来が到来する

クッキーの終焉により、広告主はターゲティング、効果測定能力が低下することを嘆きますが、無理もないことです。以下のような多くの戦略と機能が影響を受けます。

  • クロスドメインのパーソナライゼーション、フリークエンシー・キャップ
  • アトリビューション
  • リターゲティングおよびダイナミック・クリエイティブの最適化(DCO)
  • データ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)を使用したユーザー・ターゲティング
  • 類似ターゲティング
  • 顧客関係管理(CRM)ツールを使用したファーストパーティ・ターゲティング
  • デマンドサイド・プラットフォーム(DSP)およびプログラマティック広告
  • リーチおよび露出管理

3. 支出の効率化と ROI の獲得がかつてないほど困難になっている

消費者の関心が不足し、サードパーティ・クッキーが過去のものになりつつある中、広告主は支出の効率化と ROI 獲得のための新たな方法を見つける必要があります。この新たな状況は大多数にとって非常に大きな課題となりますが、多様化とエンゲージメントを実現する知識を持った者こそが「勝利者」となるのです。

多様化と、あらゆるマインドセットの消費者へのエンゲージメント

貴社のブランドは 1 つのチャネルでしっかりとしたパフォーマンスを発揮し、最高のリターンを得ているかもしれません。しかし多様化を怠れば、正しい「瞬間に」消費者の関心を獲得することはできないかもしれません。

これを Taboola では、消費者の陥っているマインドセットと呼びます。これはチャネルによって大きく異なる可能性があります。このマインドセットによって、マーケティング・ファネル全体で行動が促進されます。

ファネルに加え、消費者は「Moment of Boredom(退屈な瞬間)」を感じているため、ソーシャル・メディアを始めます。消費者のモーメントは、パブリッシャー・サイトでの「Moments of Fun(楽しい瞬間)」を経て、Taboola のようなツールを利用した「Moments of Discovery(発見の瞬間)」、Amazon や Google などのエンジンで直接検索する「Moments of Intent(目的のある瞬間)」へと移り変わります。

多様化を証明するものとして、2021 年 10 月に発生した Facebook の機能停止を忘れないようにしましょう。停止中、Taboola トラフィックの大規模な上昇がありましたが、これは Facebook ユーザーが他のエンターテインメント・チャネルを求めたからです。

問題は、他のチャネルが試されているときにキャンペーンの効果が増大したのか急落したのかということです。

オムニチャネルの多様化を強化している場合は、クリエイティブが主要プレーヤーです。勝利するクリエイティブ戦略は次のとおりです。

  • 各チャネルおよび各マインドセットに合わせて、異なるクリエイティブを使用する
  • これらのオムニチャネル・キャンペーンが相互に補完するよう徹底する
  • トレンドに応じてクリエイティブを頻繁に切り替えることで、広告疲れを回避する(trends.taboola.com のようなツールを使用)

多様化を通じてゲームに勝利したブランドと Taboola

オンライン時間の 25% がオープン・ウェブに費やされている状況においては、ファネル全体であらゆる機会の瞬間を獲得するために、Taboola のようなディスカバリー・ツールの重要性がかつてないほど高まっています。

Pandora 社と Honda Australia 社は、そのとおりに実行しています。

Pandora 社

現代的なジュエリー・メーカーである Pandora 社は十分に多様化された組織であり、Taboola のネイティブ広告で支えられているその広告戦略の一部を使用しています。パートナーシップが始まって以来、Pandora 社ではコンバージョン率が 130% 上昇し、サイトで費やされる時間が平均で 217 秒になっています。

Pandora 社のグループ・マーケティング部門でトラフィック・マネージャーを務める Mathilde Phelip 氏は、次のように述べています。

「当社はネイティブ広告を利用することで、他のどのチャネルよりも優れたパフォーマンスをもたらしています。その結果、Pandora ブランドをあらゆる場所に広める機会を得ることができました。Taboola は当社のブランディングの目標を満たすだけでなく、キャンペーンを通じて見事なコンバージョンを実現することもできました。Taboola を使用することで、他のどのネイティブ・チャネルよりも多くのコンバージョンを促進しています」

Honda Australia 社

Honda Australia 社は、トラフィックをディーラーに誘導するには別のチャネルが必要だと気が付きました。そして、コンテンツ・マーケティングに無理なく調和するという理由から、Taboola を選びました。

この会社の代理店である Zenith Media 社は、Taboola の後援によるコンテンツ・キャンペーンを展開しました。このキャンペーンではオーディエンス・ターゲティングおよびリターゲティングを使用して、キャンペーンでのターゲット・コンバージョンであるディーラー検索の数を引き上げました。

その結果、Honda Australia 社において、ディーラー検索が 27% 増加し、コンバージョンが 291% 増加しました。「イカゲーム」と同様に、広告の世界も高リスクです。確実に生き残るには、正しい戦略と強力なパートナーが必要です。毎月リーチされる 13 億人のユーザー、そして世界で最も優れた広告主とパブリッシャー数千社から成るネットワークで、Taboola がお客様を支援します。

今日あなたのコンテンツキャンペーンを作成してください!