消費者の心をつかむバレンタインデーのマーケティング戦略

投稿者

恋の予感。

いつもなら、消費者はこの時期、恋人とロマンチックなデートをしたり週末に旅行をしたりして、ゆっくり過ごせるのを心待ちにしていたことでしょう。しかし、昨年と同様に、今年もコロナウイルスが流行しています。

それでは、バレンタインデーのマーケティング・キャンペーンの計画をどのように進めたらよいのでしょうか。キューピッドが健在である限り(実際にそうなのですが)、消費者は伝統的な贈り物や、パンデミックにおける行動様式に沿った贈り物を購入することでしょう。

このブログ記事では、Taboola と Skimlinks 社が、恋人たちが甘いひとときを過ごすバレンタインデーのトレンドをすべて解き明かします。これを知っておけば、収益を高めて、キューピッドよりも正確にターゲットに矢を命中させる、消費者の心をつかむマーケティング戦略を立案できるようになります。

昨年のトレンド: セミスイートな 2021 年

昨年、恋はちょっとした「ほころび」を見せ、個人消費は 2020 年の 274 億ドルから 218 億ドルに落ち込みました。明るい面としては、それでも個人消費は数年前から伸びています。2022 年はパンデミック下で 2 度目のバレンタインデーを迎えることになりますが、2021 年とかなり似た状況になると予想されます。

では、昨年のバレンタインデーのトレンドを、どのようなコンテンツや製品が成功したのか詳しく見ながら振り返ってみましょう。

最も成功したコンテンツの種類

他の祝日と同じように、ギフト・ガイドが最も注目を集めました。彼女や彼氏のための砂糖のように甘くて害のないギフト・ガイドに加えて、スパイスの効いたセックス・トイのギフト・ガイドも大健闘しました。

最も成功したマーチャント

Etsy 社と Uncommon Goods 社は、小さなブランドのハンドクラフトやカスタマイズ可能なギフトを主に販売しており、消費者から多くの支持を集めました。Harry & David 社(食品中心のギフト)、Huckberry 社(ライフスタイルと男性向け衣料品)、Nordstrom 社(高級品)は、Skimlinks 社で上位にランキングされるマーチャントのほんの一例です。

最も成功した製品

マーチャントと同様に、消費者の心をときめかせたのは、イニシャル入りのギフトや、チョコレート・ボックスなどのお菓子のほか、花などの、夜のデートでの一般的なプレゼントといった品でした。

最も成功した Taboola ブログ記事

Taboola のパブリッシャーのトップ・ニュースを分析したところ、バレンタインデーが近づくにつれて、この祝日をテーマにしたキーワードやトレンドがいくつか浮かび上がってきました。

芸術・エンターテインメント分野では、「愛」についての記事が 1,500 万ページ・ビューを超えました。食品・飲料分野では、「チョコレート」が400 万ページ・ビューと躍進しており、「バレンタイン」についてのコンテンツのページ・ビューは 218% に急増しました。

今年、消費者の心をつかむもの

パンデミックは消費者の行動を変えました。2019 年にパンデミックが始まってから e コマースはかつてないほどの成長を遂げ、この傾向は長期的に続くと考えられています。さらに、2021 年のクリスマス・シーズンに明らかになったとおり、パンデミックと共存することを学ぶにつれ、経済的な懸念は緩和されてきているようです。

Mastercard 社の SendingPulse の調査結果によると、2021 年の e コマースの売上は、2020 年から 11% 増加し、2019 年と比較して実に 61.4% も増加したとのことです。

また、消費者が経済への信頼を深め、贈り物のための買い物がこれまで以上に重要だと感じたことから、支出も増加しました。

昨年と比較すると、アパレル(+47.3%)、デパート(+21.2%)、ジュエリー(+32%)で消費者の支出が増加しており、この傾向はバレンタインデーでも続くものと予想されます。

Taboola では、消費者の購買習慣に注目すべき変化があったことも確認しました。これらの洞察を活用すれば、消費者の現在の価値観に合ったブランドや製品をプロモーションして、売上を飛躍的に伸ばすことができます。

エシカル・ブランドとサステナブル・ブランド: 永続的に購買力を行使する消費者

オンライン・ショッピングが環境に及ぼす影響に関する検索は、2019 年から 2020 年にかけて 2250% 上昇しました。現在、消費者の 65% がサステナビリティを掲げる目的志向のブランドから購入したいと考えており、56% がエシカルでないと判断したブランドからは購入しないと回答しています。

実践: サステナブルなブランドやフェア・トレードを実践している小売業者を特集する記事を作成します。このようなブランドでは、日常的に顧客からの注文金額が大きくなります。

靴はバレンタインデーによくある贈り物ではありませんが、Allbirds 社はバレンタインデーをテーマにしたマーケティング・メッセージを発信しています。

迅速に配送する小売業者: 今すぐ手に入れたい消費者

パンデミックは生活に大きな混乱を招き、ここ数か月は、サプライ・チェーンで問題が起きたほか、配送業者が荷物で溢れて配送に時間がかかるようになりました。配送の遅れに不満を感じているオンライン消費者の 30% は、BOPIS(オンラインで購入して店舗で受け取る)オプションを提供する小売店で買い物をすることを好むようになりました。小売業者もそれに応え、多くのトップ・ブランドがこのオプションを提供しており、中には即日配送を行うところもあります。

実践: こうしたニーズを満たして高い基本手数料を提供する、バレンタインデーのギフト・ガイドに最適なアイテムをそろえたブランドをプロモーションすることで、収益が大幅に増加します。Anthropologie 社(15%)、Bloomingdales 社(10%)、Athleta 社(5%)、PetSmart 社(6%)、Sephora 社(5%)といったところが注目のブランドです。

Anthropologie 社 のバレンタインデー・ショップでは、ファッション、ホーム、ライフスタイル、ビューティ製品などを取りそろえています。

パーソナライズされたサービスを提供する小売業者: 一人ひとりの顧客が望むものを把握する

個人情報の保護という概念が浸透してきても、消費者の 70% は、一人ひとりの顧客のことを把握してくれるブランドでのみ買い物をしています。Skimlinks 社の調査によると、パーソナライズされたコンテンツやプロモーションにより、コンバージョンが 20% 上昇することが確認されています。

実践: Care/of(23%)、Function of Beauty(15%)、Prose(20%)、Stitch Fix(10%)など、カスタムメイドのパーソナライズされたサービスを提供し、かつ高い手数料を支払ってくれるマーチャントを含めるようにします。

ニュース・トレンド: クリックされるのは 2022 年のバレンタインデーにふさわしいキーワード

読者が何を検索しているのかを把握し、そのトピックについてのコンテンツや広告キャンペーンを構築することで、消費者を呼び込み、エンゲージメントを築くことができます。

2021 年 12 月 20 日現在、Taboola の米国のパブリッシャー・ネットワークのデータでは、読者が以下のトレンドに関心を持っていることがわかっています。

Valentine: 過去 90 日間のページ・ビュー: 784,900回

Love(愛): 過去 90 日間のページ・ビュー: 29,965,880回

Gift Guide(ギフト・ガイド): 過去 90 日間のページ・ビュー: 62,620回

Diamond(ダイアモンド): 過去 90 日間のページ・ビュー: 6,872,050回

Flower(花): 過去 90 日間のページ・ビュー: 815,120回

Chocolate(チョコレート): 過去 90 日間のページ・ビュー: 5,215,720回

ターゲティングのベスト・プラクティス: 消費者の関心を引くための最適化された戦略

ニュースのトレンドの活用方法は理解できたと思いますので、ここからはキャンペーンの成否を握るターゲティング戦略について見ていきましょう。

SmartBid による自動化: Taboola の SmartBid(自動入札) は、履歴データとディープ・ラーニングを活用して入札を自動調整し、コンバージョン率がより高いものを優先するキャンペーン入札戦略です。

High Impact Placments: High Impact Placements では、広告がプレミアム・サイトに表示され、ブランドセーフなコンテンツに囲まれて、ホームページ、カテゴリTabのトップページ、記事内、Taboola フィードなど、最も価値の高いエリアに表示されるようにします。

Motion Ads: Motion Ads では、ループする短い動画や GIF が使用されるため、より多くの注目が集まり、コンバージョン率が高く、CPA が低くなります。この広告フォーマットは、購入の検討およびコンバージョンを目標としている場合に最適です。他のあらゆるキャンペーンと同様に、動画や GIF のA/B テストを行い、最適なパフォーマンスを確認してください。

2021 年 12 月 12 日の米国のデータに基づき、今年のバレンタインデーに流行するであろう 4 つの分野(デート、ファッション、ライフスタイル、フード)について、CTR を高めて支出を抑えるコンテンツの種類、プラットフォーム、曜日を分類しました。

今日あなたのコンテンツキャンペーンを作成してください!