SmartBid(自動入札)でキャンペーンの最適化に成功した 9 つの広告主の事例

投稿者

実際、デジタルマーケティングの担当者にとって最も面倒な作業のひとつがキャンペーンの入札を最適化することなのです。

その繰り返しの作業を To Do リストから削除でき、最も効果的なコンバージョンを最低限のコストで獲得可能なテクノロジーに任せられると言われたらどうでしょう?

これはただの希望的観測でも SF でもありません。

この記事でご紹介する Taboola の SmartBidツールなら、それが可能です。

ここからは、SmartBidとは何かと、それが広告主の皆様にもたらすメリットのすべてをご紹介します。また、実際の企業がどのように SmartBidを使ってキャンペーン目標を達成しているのかについてもご紹介します(そのほとんどのケースにおいて目標を超えています)。

SmartBidのご紹介

SmartBidは、お客様のコンバージョンを最大化するように設計された半自動の入札戦略です。世界中の数十億のキャンペーンから得られた履歴データとディープラーニングのアルゴリズムを活用して、各インプレッションのベースライン入札額を、そのインプレッションがコンバージョンやページビューにつながる可能性に応じて調整します。

具体的には、価値の高いインプレッションの入札額を自動的に上げ、コンバージョンの可能性が低いと判断されたインプレッションの入札額を下げます。SmartBidを使うと、常にインプレッションの獲得に必要な最低限の額で入札されます。

SmartBidのメリット

SmartBid (自動入札)は、入札額を手動で最適化するという面倒な推測の作業をなくすだけでなく、主要な特長として以下の 5 つを備えています。それらが一体となってキャンペーンのパフォーマンスを最大化し、自動的にスケールします。

1. Taboola の履歴データの利用: SmartBidのディープラーニングアルゴリズムは、お客様のキャンペーンの履歴データに加え、パブリッシャーのデータ、OS等のプラットフォーム、時間帯、ユーザー・データ、コンテキストなど、お客様のキャンペーンと類似したキャンペーンの履歴情報をすべて評価し、コンバージョンの確率に基づいて CPC 入札額を決定します。

2.信頼に足るスケール: SmartBidは、20,000 以上のサイトで構成される Taboola のパブリッシャー・ネットワーク全体で最適化された入札を行うことで、キャンペーンのリーチを拡大します。

3.コンバージョンに基づく学習: SmartBidは、どのパブリッシャーやオーディエンスがお客様の目的に対して最も多くのコンバージョンを生み出すかを学習し、コンバージョン率を優先して継続的かつ自動的に入札額を調整します。

4.信頼に足る最適化: SmartBidは、バックエンドで A/B テストを行うことでコンバージョンの確率を検証し、ベースライン入札が固定入札の結果を上回る場合にのみベースライン入札を調整します

5.毎回の効率的な入札: SmartBidは、各オークションの 2 番目に高い入札額に合わせて CPC 落札額を自動的に下げることで、そのインプレッションの市場価格を保証します。

SmartBidの導入: どのようにして成果を得られたのか、9 社の実例

Look After My Bills

トルコ最大級の銀行である Akbankは、SmartBidが備えるパフォーマンスの低いサイトをブロックする機能により、コンバージョン率を 6 倍にしました。SmartBidは、より質の高いユーザーに適切なタイミングでリーチすることで優れた成果が得られるパブリッシャーのサイトに、同社の費用を自動的に割り当てました。

Akbank社

トルコ最大級の銀行である Akbankは、SmartBidが備えるパフォーマンスの低いサイトをブロックする機能により、コンバージョン率を 6 倍にしました。SmartBidは、より質の高いユーザーに適切なタイミングでリーチすることで優れた成果が得られるパブリッシャーのサイトに、同社の費用を自動的に割り当てました。

Eargo 社

D2C の補聴器メーカーである Eargo 社は、SmartBidを使用してキャンペーンの入札額を自動的に最適化することで、CPA を16% も削減しました。サイトレベルの入札管理に多くの時間を費やす代わりに、新しいクリエイティブ戦略の策定など、空いた時間をより有意義な仕事に使用しました。

MoneyWise社

Wise Publishing 社は、自社のサイト MoneyWise.com にトラフィックを誘導することと、オンサイトのスポンサーコンテンツでユーザーを引きつけることの 2 つの目的で Taboola を活用しました。SmartBidは、Taboola のネットワークから得られたデータと MoneyWise社 のファネル全体から得られたコンバージョンデータを利用して、効率的かつ効果的な入札を行い、サイト滞在時間を 14%、セッションあたりの収益を 14% 増やしました。

Propstory 社

国際的に有名な不動産ブランドのキャンペーンを実施しているインド有数のデジタル・マーケティング代理店である Propstory 社は、リード獲得の取り組みを強化し、ブランド認知度を高める目的で Taboolaを活用しました。Propstory 社は、SmartBidを利用して質の高いオーディエンスにリーチすることで、販売しているマンションに高い興味を持つ人が毎月 1 万人に達し、コンバージョンが 40% 増加するという成果を得ました。

Square Yards 社

テクノロジーを駆使した不動産仲介業者である Square Yards 社は、他のマーケティング・チャネルの可能性を使い尽くしたと感じた後、オープンウェブ上でスポンサー・コンテンツ・キャンペーンを開始するために Taboola を採用しました。同社は、SmartBidなどの Taboola の機能を使用してマーケティング目標を達成しました。このキャンペーンにより、他のマーケティングチャネルに比べ 15% 高いコンバージョン率が得られ、50,000 件もの質の高いリードを獲得しました。

Lubinski Group 社

イスラエルを拠点とする自動車輸入業者である Lubinski Group 社は、新車購入の意思が強い消費者に、他のマーケティング・プラットフォームよりも低コストでリーチするために Taboola の採用を決定しました。SmartBidでキャンペーンとオーディエンスを最適化することで、3 か月もかからずに 40 台を販売しました。SmartBidでは、他のプラットフォームと比較して、販売に結びつく商談が 7.7 倍に増え、リード単価(CPL)が 4 分の 1 に下がりました。

iQuanti 社と HomeEquity Bank 社

デジタルマーケティング会社である iQuanti 社は、カナダの HomeEquity Bank 社が販売するリバース・モーゲージ商品のリード獲得、規模の拡大、リード単価(CPL) の低下という課題を解決するために、Taboola を採用しました。iQuanti 社は、SmartBidを活用して各インプレッションのベースライン入札を自動で最適化することで、この目標を達成しました。このキャンペーンでは、リードが 110% 増え、ペイド・インクワイアリー全体の 30% が誘導され、CPL も 30% 下がりました。

Orange Digital Media 社

Orange Digital Media 社は、不動産業界のクライアントである Pionier Developers 社から質の高いリードの獲得を任されました。Orange Digital Media 社は、Taboola の アテンティブ・オーディエンス を活用することで、関連性の高い潜在的な購入者にリーチしました。SmartBidを活用して入札を最適化することで、CPL を 35% 減らし、コンバージョン率を 43.8% 増やしました。

合わせてお使いください: SmartBidと Pixel(ピクセル)

Taboola の Smart Bid入札戦略の仕組みと、それを使うことで得られる成果をよく理解したところで、さっそく試してみましょう。キャンペーンを開始する前に、Taboola の Pixel をインストールしておいてください。Pixel は、コンバージョン・イベントのデータを SmartBidに送り込み、最適化と入札アルゴリズムを改善することで、キャンペーンの成果をさらに向上させます。

今日あなたのコンテンツキャンペーンを作成してください!